スモークチキン作り

スモークチキン作りを行いました。

 

今回は段ボールで作ったスモーカーではなく、保育園からもらった セイロを使いました!

煙が上に上って行けばよいので

熱源があれば、セイロでも燻製はできるのではないかと考えたのです…

 

 

今回は手羽元と鶏もも肉2種類のスモークチキンを作りました。

まず鶏肉の仕込みです

味をつけ…

 

ラップで包み…

 

 

約70℃のお湯で1時間ほど加熱。

沸騰したお湯で茹でないのは、これによって肉に火を通しつつも、肉が固くなるのを防ぐためです。

ベーコンをこのように作る人もいます。

 

茹であがったら袋から取り出し、1時間ほど風乾させます。

  

 

鶏ももはこのような感じでタコ糸でまとめます!

 

 

そして、1時間半ほどスモーク!!

セイロの出番ですね!

 

燻製はもともと干物や塩漬けのように、食料を冷蔵する手段のなかった時代に、肉や魚を保存するために考え出されたものです。

しっかりと水分を抜き、煙をかけることで保存性を高めていました。

そのため、本来ならもう少し風乾の時間もスモークの時間も長く行うのですが、今回は作ったその日にすぐに食べるので、煙をかける時間は短めにしました。

 

煙がモクモク…

 

1時間半ほどでもこんなに色づきました。

 

あとはフライパンで加熱し食べるのみ!!

 

  

いただきま~す!!

 

 

そして、最後は児童館恒例のおかわりじゃんけん!

一か八かの真剣勝負です!時には大人も参加します…!

 

 

 

年に2回も燻製をすれば子ども達もお手の物!

「燻製は待つ時間あるから、何して遊ぶか考えとこう!」と言っている子もいました。

児童館での燻製も4年目となり、毎年のお楽しみになっています。