児童館祭り無事、終了しました!!

9月30日(日)の午前中、児童館祭りが行われました。

児童館では夏休みキャンプに並ぶ二大行事です。今年度は児童館横の広場で縁日等を行う予定でした。

 

 

…が!!

 

数日前までは雨の予報…不安な職員たちでしたが、なんとか2日前に「くもり」の予報になり望みをつなぎました。

まず、児童館の入り口には、職員4人が風船の割れる恐怖と戦いながら作ったアーチが立てられ、参加者の皆さんをお出迎え!

今年初の試みでしたが、お祭りモードが一気に高まりました。

 

 

クラブ児とそのご家族、ふれあい広場に参加している幼児さんとご家族、市内の小学生総勢73名がお祭りに訪れ、途中小雨になったものの天気もギリギリもちました。

 

今回のお祭りの内容は

・焼き鳥、フランクフルトのお店

みんな楽しみにしていた食べ物コーナー!おいしそうに食べていました

児童館バスの運転手さんも手伝ってくださり、本当に助けられました。

 

 おいしそ~~!

 

 

・ゲームコーナー

ストラックアウト、射的、ヨーヨー・スーパーボールすくい、わなげ、魚釣りゲーム。

また、ちょっと頭を使う、動物の足跡クイズ・紙ちぎり選手権コーナーもありました。

ここでは今年の夏休みキャンプ以降、つながりの続いている大学生のボランティア3名と、そのメンバーの紹介でさらに1名が加わり、合計4名の大学生さんたちが大活躍!!

子どもたちを楽しませてくれました。

 

・昔遊びコーナー

ここでは児童館で普段使っているけん玉や、お手玉、パッチなどの体験ができました。

 

参加していた児童のおばあちゃんがお手玉を披露してくれたり、けん玉を教えてくれたりもして、子どもたちにとっては、とてもよい経験になったでしょう。

 

 

また、ここでは お祭りの中のイベントの一つでもある「パッチ大会」も行われました。

パッチ(メンコ)は子どもたちに大人気の遊びで、毎日誰かが遊んでいます。男女、年齢関係なくあそべるのがこの遊びのおもしろいところです。

児童館ではみんなオリジナルの手作りパッチを持っていて、子どもたちの個性が光るデザインも見どころの一つでした。

事前にエントリーした8名が参加し、盛り上がったパッチ大会!次は12月に開催予定です!!

 

他にも科学村として行っている、「巨大シャボン玉」を体験できるコーナーもあり、親子で遊ぶ姿が見られました。

 

一通り、縁日を楽しんだ後は、体育館へ移動。

 

体育館では各ゲームの優勝者の表彰式が行われ3名の子どもが、優勝メダルと粗品をゲット!喜んでいました。

 

 

そして!児童館の行事になると登場するあの男がサプライズゲストとして登場!!

 

彼の名は ギタ山ギタ男

 

 

今回は「Mr.タンバリンman」と「マイク持ち係の男」とともに登場し、

 

○しあわせなら手をたたこう (ギタ男アレンジver.)

○みどりがおかゆうし児童館のうた

 

の2曲を子どもたちと歌いました。「みどりがおかゆうし児童館のうた」は、なんと子どもたちが言葉を出し合い作詞した曲です。

今のところ1番だけしかないのですが、現在2番を制作中との情報も入ってきていますので、今後が楽しみなところです。

 

音楽で楽しんだ後は、日常の子どもたちの写真で作ったスライドショーを全員で鑑賞。

家族の方々にはなかなか見せる機会のない、児童館での子どもたちの表情や様子を見てもらうことができました。

子どもたちも「あ、俺いた!」など楽しんでくれていました。

 

お祭り終了後は、アーチの風船をお土産に家へ帰っていきました。

子どもたちや、ご家族の方々の

「楽しかった~」という言葉や笑顔が児童館職員やボランティアのメンバーにとってもうれしいものでした。

 

 

 

児童館の活動の中で、ご家族の皆さんが参加していただける機会はあまり多くないですが、またぜひ参加していただけると嬉しいです。

 

 

 

最後になりましたが、今回足を運んでくださったみなさん、ボランティアの大学生さん、ご協力いただいた美山・緑ヶ丘両保育園、たくさんの方々のご協力のもと、大きなトラブルもなくお祭りを終えることができました。

 

今後もより良く、楽しいものにしていけるよう児童館職員一同やっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

今回は本当にありがとうございました!!来年もお楽しみに!